• G+
Vol8.

Vol8. お酒として飲む事以外でワインが考えられる事



ワイン自体は飲むものであり、それを使う事はあまり考えられませんから、ユーザーという表記の仕方は好まれないかも知れません。ごく一部ではこのお酒を料理に利用する事もされますが、その場合は隠し味として使われる程度となりますから、頻繁に使われるような事が無い為にユーザーという表現はなされないのかも知れません。このお酒に関してユーザーという表現を敢えてするのであれば、飲み物そのものよりも、それに関わる色々と周りにある商品に対してのユーザーとして考えた方が良いのかも知れません。貯蔵施設もその一部として考えられるかも知れませんが、そのお酒を造る原料となるブドウを栽培する為の機械類や畑等もその中に含めて考える事ができるでしょう。当買い取り店で買い取りの対象とさせて頂いておりますのは、基本的にはワインそのものとなります。今の所はこの商品のみを買い取りの対象とさせて頂いておりますが、お客様からのご要望が多ければ、それ以外の派生商品への対応も検討していきたいと考えております。ただ、そのような商品を取り扱う場合は、その殆どが何かの事業を営んでいる方々がお客様の対象となるのかも知れません。そういった意味で少々ニッチな分野を開拓しなければならない事にも繋がりますし、それによって一般的な商品を望まれているお客様に対して支障を来すような事があってはならないとも考えております。これからワインの分野はまだまだ弊社にとっては考える余地がありそうです。

お客様の声

ユーザーのお客様よりecofa宅配買取へ頂いたメッセージをご紹介しております。お客様の励まし声に支えられております。

>>お客様の声一覧